トップページ >  > 生え際の育毛は男性ホルモンが原因!

生え際の育毛は男性ホルモンが原因!

生え際から後退する症状は男性型薄毛の代表的なものです。
額全体が徐々に薄くなっていくタイプや剃り込みのあたりが大きく抜けてくるタイプなどがあります。
30代から40代で症状が目立ち始めるケースが多く、加齢とともに症状が深刻化することがほとんどです。
いわゆるM字型の薄毛は剃り込み部分が大きく薄くなってきて鶏のようにとさかのように頭頂部の髪の毛が残ります。
若い世代から症状が出始めますが、髪の毛を伸ばしている男性ほど生え際の後退に気づきにくいため対策が遅れやすいのが特徴です。
一方、U字型の薄毛は生え際がまんべんなく薄くなってくるもので薄毛の症状のなかでも急速に進行することが心配されます。
どちらにしても前髪で隠れやすい箇所だけに定期的に鏡で生え際の状態をチェックしながら適切な育毛対策をすることがポイントです。


ポイントはこの3つ!

生え際の後退する薄毛は気づきにくい
U字型の薄毛は急速な進行に要注意
男性ホルモンのバランスが生え際薄毛の原因

生え際の薄毛の原因として指摘されているのが男性ホルモンのバランスです。
男性ホルモンそのものが悪者というわけではなく、40代以降、男性ホルモンの働きが活発になるに連れて抜け毛を助長しやすいホルモンバランスに傾いてしまうのが問題です。
男性ホルモンのバランスを整えると、抜け毛のサイクルであるジヒドロテストロンの生成を抑制して育毛に役立つことがわかっています。
男性ホルモンの一種であるジヒドロテストロン生成を抑制することが生え際の育毛の第一歩です。
とくに40代から男性ホルモンが活発化するため生え際の育毛対策も40代に入る前、30代から取り組んでも決して早すぎることはありません。
髪の毛の成長を司る毛母細胞のなかで男性ホルモンを正常に導くためにはジヒドロテストロンの作用を抑制する育毛剤が有効です。

育毛剤おすすめ記事

育毛剤の徹底比較一覧!

育毛剤を8項目で徹底分析!各育毛剤を100点満点で採点した結果はコチラ!

育毛剤の徹底比較一覧はコチラ
おすすめの育毛剤併用はコレだ

育毛剤を併用で発毛促進を加速!相加相乗効果が見込める育毛剤の組合せはコレだ!

おすすめの育毛剤併用はコチラ
おすすめ育毛剤の体験談!

おすすめ度ナンバーワンの育毛剤を実際に購入して使ってみた感想はコチラ!

おすすめ育毛剤の体験談はコチラ
育毛剤おすすめランキング!

各育毛剤を8項目で比較した結果とおすすめポイントでランキングした結果はコチラ1

育毛剤のおすすめランキングはコチラ
生え際から後退する症状は男性型薄毛の代表的なものです。 額全体が徐々に薄くなっていくタイプや剃り込...